肌のくすみをバッチリスッキリ!透き通るような透明感を得る

女性

コンシーラーでシミを隠す

笑っている女性

肌に合ったものを選ぶ

「シミ」はメラニンの増加が原因と言われています。改善させるには、化粧品でメラニンの生成を抑えることが大切です。できてしまったシミは「コンシーラー」でカバーできます。シミ隠しで重要な事は、シミの色に合ったコンシーラーを選ぶことです。茶色いシミにはイエロー系、青みがかったシミにはオレンジ系が適しています。自分の肌の色より明るい色を選んでしまうと、浮いてしまってうまくシミをカバーできません。上手にシミ隠しをするなら、肌の色よりワントーン濃い色を選ぶようにします。コンシーラーは肌に合わない商品を使用すると、シワが目立ってしまうこともあるそうです。最近はシワになりにくい粒子の細かい商品も増えています。今後も各メーカーからさまざまな商品が開発されるのではないかと言われいるそうです。

つけすぎには注意する

シミ隠しに欠かせない「コンシーラー」は、大きく分けるとリキッドタイプとクリームタイプがあります。リキッドタイプは、ハイライトやクマ隠しに最適です。広い範囲に使えるので、ソバカスにも適しています。クリームタイプは、濃い色のシミ隠しに大活躍するそうです。このタイプは大量につけてしまうとよれてしまうので、少しずつつけるようにします。手やスポンジでまわりをぼかすようにつけると、自然に仕上がるそうです。つけすぎてしまったときは、水分を与えて馴染ませます。コンシーラーは油分を使用しているので、肌が弱い人が使用すると負担をかけてしまうことがあるそうです。敏感肌の人はなるべく油分を含まない、ウォーターベースの商品を選ぶようにします。